チラシ印刷を格安業者に依頼する際の注意点

CMYK

大量発注で安く注文

チラシ印刷を依頼する際には、まず各業者へ見積り依頼をする所から始め、格安の業者を見つけてみましょう。1枚当たりの価格に注目をしながら、最も安い業者を選定し、格安のチラシ制作を実現してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

広告

店舗や企業の宣伝の実務

注文する枚数や希望する仕上がりなどの条件に合わせて、ネットで業者の情報を調べるのが、低予算でチラシを印刷する場合のポイントです。テンプレートを活用するのが、格安料金でチラシ印刷を発注するコツであり、オプションも上手に利用するべきです。

詳しく見る

色見本

印紙のサイズを選べる

格安のチラシ印刷サービスでは、使用する印紙の種類を細かく設定可能となっており、事前に見積もりをしっかりと出してくれます。また送料は特殊なケースを除いてほとんどの場合無料で、各種の配送手数料も一切必要ありません。

詳しく見る

男の人と女の人

時間も節約できます

チラシ印刷はインターネットを使って注文すると時間も節約できますし、格安でチラシ印刷をすることができます。多くの専門業者がありますので、サンプルをもらって比較したりしてイメージ通りのチラシを作りましょう。

詳しく見る

広告

うまく使って節約を

チラシ印刷は大量に行うなら版代を取る業者、少量印刷なら版代のない業者が格安になる傾向があります。ネット印刷は納期が長い程格安ですが、急ぎのチラシ印刷なら地元の印刷所に自分で取りに行くほうが格安になります。

詳しく見る

データ入稿前の準備

印刷

データをオンライン送信

格安でチラシ印刷を行いたい場合は、WEB注文するのが一般的です。格安でチラシ印刷できる理由の一つは、自分でデザインしたチラシのデータを入稿するからです。格安チラシ印刷業者は様々な種類のデータに対応していますが、一部のデザインソフトで作成したデータしか受け付けていないところもあるので、その点は注意してください。それから、業者ごとに作成上の注意点があるため、デザインをおこす前に業者を決めておいたほうが後で修正せずに済みます。そして、デザイン後のデータは必ずバックアップしておきます。データ入稿後に作業上のトラブルが起きてデータが破損してしまう可能性はゼロではありません。また、入稿データに不備がある場合はもう一度データを送り直さなければいけないので、余裕を持った納期を想定すると安心です。それに加えて、作成したデザインの色がそのまま出力できる可能性は低いですから、色を確実に出したい場合は色校正をお願いすると良いです。この場合は、出力見本が送られてきます。そうなると見本の確認や補正などの手間が必要なので、やはり時間に余裕を持ちたいところです。さらに、印刷業者が行うデータチェックは、印刷や出力に作成方法が合っているかという点です。文字の間違いなどはチェックしてもらえないため、作成したチラシ内容にミスがないかの確認はしっかりと行ってください。また、格安チラシ印刷業者であっても、チラシのデザインを依頼することは可能です。追加料金が発生しても構わないという場合には、お願いするといいでしょう。

Copyright© 2017 チラシ印刷を格安業者に依頼する際の注意点 All Rights Reserved.